RPA導入支援サービス

advanced divider

RPA

定型業務を削減して
時間を有効活用

これまで、人間がしてきた定型業務を自動化し、(主に定型作業)を、ソフトウェア型のロボットが実施します。
毎日実施する決まったデスクワークをソフトウェア型のロボットが自動化してくれます。

RPAとは?

RPAソフト(Winacter)が人間に代わってパソコンを自動で操作します。

予め決められた動作を、繰り返し行う定型業務を自動化してくれます。

Winacterが操作をするので、新たにシステムを組む必要がありません。

robo2

RPAの必要性

定型作業の時間・コストを削減したい。

定型作業に時間を要し、他の業務へ時間を当てられない…
業務繁忙期に臨時職員を雇うのが大変…

誤入力等の事務ミスを防止したい。

誤入力、チェック漏れ等、事務ミスが多い…
ミスの影響調査や改善活動、報告の時間がもったいない…

システム改修費用・リスクを抑制したい。

既存のシステムに改修などの手を加えたくない…

RPAのメリット

直接利益

コスト削減

残業時間の短縮
人件費の抑制

スピードUP

作業遅延が発生しないので、迅速なアウトプットが可能になります。

関節利益

時間の有効活用

削減した時間を利用した生産性の向上

作業の見える化

俗人的な業務も、RPA導入段階で、作業が洗い出されるので、作業を見える化できます。

付加価値利益

企業評価

残業の削減により、働き方改革推進企業としての評価

品質向上

ソフトウェアが作業をするので、ミスが発生せず高品質なアウトプットが可能になります。

WinActorの利用例

WinActorの価格

商品

価格

フル機能版
(クライアント型/サーバ型)

¥908,000
(税込み¥998,800)

実行版(クライアント型/サーバ型)

¥248,000
(税込み¥272,800)

推奨動作環境

ハードウェア

項目

概要仕様

CPU

2.5 GHz 以上の x86 または x64 プロセッサー

HDD

空き容量3.0GB以上

メモリ

2.0GB以上

画面

1024×768が表示可能であるもの

サウンド

 シナリオ中で音を出すためのサウンド機能(スピーカを含む)
※音機能を使わない場合には不要

ソフトウェア

項目

概要仕様

OS

Microsoft Windows 7 Professional SP1
Microsoft Windows 8.1 Professional update1
Microsoft Windows 10 Professional
Windows server 2016

ウェブブラウザ

対象となる業務アプリケーションが Internet Explorer を使用する場合には、対象ブラウザはMicrosoft Internet Explorer 11 であること。

対象となる(WinActorで処理させたい)
アプリケーション

Windows端末から操作可能なあらゆるソフトに対応できます。

  • 本推奨スペックは、WinActor を単体で起動した場合を想定したスペックで記載しております。
  • WinActor と同時に起動させるアプリケーションで、CPU、メモリ、HDD 等を消費することが想定される場合は、ハイエンドなハードウェアをご準備ください。
  • CPU、メモリ、HDD の使用率が高い状態で動作させた場合は、応答性能が著しく低下する可能性があります。
  • 同一ユーザが同一Windows Server に対して同時に複数のリモートログインをする際には、「クリップボード共有」を無効にしてください。
  • WinActor と対象アプリケーションの実行ユーザが異なる場合(例:WinActor は通常通り起動し、対象アプリケーションは「別のユーザとして実行」等から、ログオンしたユーザとは別のユーザを選択して起動した場合)、正常に動作しません。
  • タッチパネルによる操作は記録機能の対象外となります。

※「WinActor」は、NTTアドバンステクノロジ株式会社の登録商標です。

アウトソーシングに関する問い合わせはこちらから